豊かに しなやかに日々を過ごせたら素敵です。                   
by frumity
カテゴリ
全体
自然に
心から
時の流れ
快適に
手から
紅茶
未分類
以前の記事
2013年 04月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...
ライフログ
その他のジャンル


梅雨の番人

a0075908_1617498.jpg

a0075908_1617434.jpg


今日も雨にご縁ありました。梅雨あってこそ穀類は育つとは解っておりましても‥ついつい。
皆様お洗濯物どう工夫していらっしゃいますか?

この蛙君、よく見掛けていらっしゃる方も多いでしょう。我が家に来て10年近くなります。所定位置はかわらず、ずっと家族のかえりを待ち続けている愛すべきヤツなのです。葉々の間を縫って・・思索にでも耽っているのでしょうか。哲学的な顔してます?

カエルはよく財布に入れたり玄関に置いたりしますよね。ここも玄関近くの坪庭(と呼んでいる)一応お白洲よろしく 白い小石が敷いてありますが、苔が付いたり経年変化(う~ん、よい言葉です)しています。彼の立ち位置は少し丘状にしてありますが、植物が生い茂りわかりません。
植物は葉物ばかり。残念ながら真夏でないと日差しが入らないのです。ですからこんなにも自然いっぱい・・になるなんて その時、誰が想像したでしょう。フッキ草は植木屋さんが植えていってしまったので(結構伸びるから遠慮したかったのですが、何処ぞの邸宅での残りと・・)シダとリュウのヒゲ、雪ノ下に大ッ好きな!ギボウシ。今現在はシダ(2箇所のみ移植したのですが)が大きく幅をきかせています。これも都内の酸素の為!!と自由にさせています。家の人からは手抜きといくら言われようとも。
あとボヤケタ画面ですが手前にヤツデ、これは実生です。見えない所に南天(実生)。その他、名前の判らないものも・・・・。そのボケ画面の左側、このガラス戸は戦後、宮大工もしていた職人さんの作った物で、旧い家を壊した時に保存してあったとの事。当然、波打ち硝子。でも風情が好いので立てかけてあります。窓枠も本当に好い色。
もうひとつ旧いもの。水鉢。父からの10年前でしたかしら、10年分纏めての誕生日プレゼントです。もうそろそろ約束期限切れるので ひっそりと次にねだる物を物色しましょうかしら・・。
[PR]
by frumity | 2006-06-26 17:17 | 時の流れ
<< もうひとり 紫色の硝子 >>