豊かに しなやかに日々を過ごせたら素敵です。                   
by frumity
カテゴリ
全体
自然に
心から
時の流れ
快適に
手から
紅茶
未分類
以前の記事
2013年 04月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...
ライフログ
その他のジャンル


蜂に刺されたら‥です

「蜂に刺されたらニンニク」とご存知の方はどの位いらっしゃるのでしょうか。
こちら フィレンツェ田舎生活便り2のChihoさんのところから今頃になって知りました。

2年前の夏、我々夫婦は2組のご夫婦と6人でイタリア、ウンブリア州を車で周りました。
毎日、中世の街をひとつずつ探索・・。伊英日ペアのコンビネーション。
宿泊拠点はペルージャ近郊の小さな村のホテル。
a0075908_2238135.jpg

空気の澄んだ こんな素敵な風景を見ながら朝食は集まった順。
(昼食は皆で出先。夕食は何れかの街の居心地よいレストランか、
たまに夫婦単位でルームサーヴィスを取る。)
毎日々々お腹が捩れて動けなくなる位 たっぷり皆で笑い転げました。
でも大人の過ごし方を教えていただきました。
最終日、早めに帰り、ホテルのダイニング個室で皆で少し豪華な食事を予約。
部屋に戻った我々はドレスアップするべく、私からシャワー。
泡々のバスタブに浸かりホッ・・
「大変だ!mity大変だッ!」大声で夫が駆け込んできました。
「蜂に刺されたッ!痛い!物凄く痛いよッ!」
見れば腰に針・・みるみる腫れて・・私は(折角の!)泡タブからバスローブへ。
訊けば子供の頃、遠足で蜂刺されにあっている。
(2度目は怖いと知っていた本人。いつもの勢いは何処へ。弱気弱気・・)
まずは針を抜かねば・・肉の少ない腰(お腹周りと違う)を、
思いっきり、日頃のウラミツラミウップン晴らすようにつねり上げ 針取り。
持参していたシーブリーズをタップリかけ、うがいのイソジンを塗る。
フロントにはアンモニアを求めるが来ない・・。
伊夫妻の夫殿が今は社長業。でも本来はDr.
その部屋に走る。彼もシャワー中でしたが、直ぐレスキューに。
応急処置にOKサインと時間はかり「大丈夫!ではディナーで」と紳士!
(ショック症状は初めの15分以内との事)でも本人は顔面引きつっている。
・・・・・・・・・・・・・と、この後も私は連絡やら始末やらに追われ・・・・・・・・・
30分以上も遅れてダイニングへ行く頃は
「ひぃ痛いよぉー。でも、あ~何だか安心したら腹へったぁ~」ですって。
冗談じゃ有りませんッ!私は目の下、隈・・・疲労困憊・・・・。

その時に「蜂刺されにニンニク」を知っていたら調理場に行き交渉しましたのに!
ホテルの人も個人的にはニンニクの効能を知っていたかも。
でも日本からの客に「ニンニクを摺りこめ」とは言えなかったのかもしれません。

因みにこのシャワーキャップの小箱に お気楽本人は、KOした蜂を持ち帰りました。
a0075908_2238247.jpg

日本の湿気とは各段の差。冷房不要と係りにリクエストしてあり、窓は全て開け放たれていたのでした。
部屋のソファーに蜂が紛れ込んで居り、柄物の布地で気づかずに、夫は腰をおろした途端に猛攻一瞬で刺された。
一体全体、彼は 誰を何を尻に敷きたかったんでしょうねぇ。

メゾネットタイプの部屋でした。西の窓からの眺めはこうです。
a0075908_2238285.jpg

これも愉快な思い出のひとつですが・・。
[PR]
by frumity | 2006-07-04 22:38 | 自然に
<< 今か昔か 取りあえず >>