豊かに しなやかに日々を過ごせたら素敵です。                   
by frumity
カテゴリ
全体
自然に
心から
時の流れ
快適に
手から
紅茶
未分類
以前の記事
2013年 04月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...
ライフログ
その他のジャンル


<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Messageを託す

a0075908_2251538.jpg

いち枚の葉書、一通の手紙‥その向こうに見え隠れする顔々‥。
それを想像しながらポストに滑り込ませる。
もしかしたら家族へかもしれない。恋人へかもしれない。または通り一遍の挨拶かも、仕事の指示かもしれません。
それでも やはり向こうには悲喜こもごも、または真面目くさった顔々‥。
そう考えると あのポストも黙ってたっているだけではないのですね。

願わくば、いづれの時も健やかで うれしいメッセージであって欲しいものです。
by mity

因みにこのお二人は友人同士。
私たち夫婦の友人で左氏の5歳下が右氏。その5歳下が夫です。
[PR]
by frumity | 2006-06-30 22:51 | 心から

さくらんぼ


越後の友人から さくらんぼをいただきました。山形のより見栄えも甘くもないと言っていましたが、なんのなんの。大好物と知ってたくさん送ってくれました。
でもこの蒸し暑いなかでは傷みがはやく、正直焦りました。いくら好きでも食べすぎは・・・・。そこで半分はそのまま、もう半分を全て冷凍ではと思っておりましたら(冷凍も天然シャーベットで、美味しいですよ。ただし、解凍したら最悪ですからッ)
こちらmitchypitchyさんが砂糖漬けをupなさっていらしたので早速。私は甜菜糖で。
この方のは 緑の中での遠くても一粒づつはっきりぷかぷか浮いてみえる画像。
こちらはボケ画像が、油絵のよう?です・・^^;。
a0075908_1738315.jpg

10日以上経過しても何故砂糖が下の方に溜まっているか・・それはこの蒸し暑さで怖くて、途中から冷蔵庫内の野菜引き出しに入れたのです。初めは常温。怖くて冷蔵庫。勇気出して窓際で5日間くらいでやっぱり野菜庫へ逆戻り。ホント一貫性がないと自分を叱りました。窓際の時は気がつく度に砂糖を上乗せしたので(失敗するのが怖くて大した量でもないのに)余計、砂糖が溶解飽和状態なのかも。
ippopotamooさんがドライトマト成功秘話に「小さなところで失敗恐れて臆病・・」と。それでも成功なさった。自然の作物を使う時には、リメイクきかずに廃棄するようになってはと、折角の頂き物をだめにしてはと度胸あるようですが二の足踏んでばかりです。
本当はガンガン直射日光とのことですが、梅雨には望めそうもなく、かといってホワイトリカーもいれたくなく・・。この時期に真似たことをちょっぴり後悔。
mity




[PR]
by frumity | 2006-06-29 17:38 | 自然に

年を経たもの

a0075908_17291829.jpg


古い物には、どこか温かみが隠されています。それがいつの世でも何処の街でも、洋の東西を問わず骨董市や古道具の店が継続していく理由でしょう。
先日、宮大工のYさんの作られた硝子窓を坪庭の画像の隅に撮しましたが、まさにこの木の戸も彼の何千分の一枚、もしかしたらもっと少ない枚数かもしれません。昔の職人さん気質というのでしょうか、気に入らなければやめてしまう、仕事はきちんとこなすがお酒の誘惑に弱い、出来上がったものが自分に納得いかなければ作り直す・・きっと宵越しの何とやらも持たなかったのでしょう。注文主の方もじっと待つというか、職人を育てる土壌もあったのだと思います。今のように時間と情報が勝負という時代ではなかったのですね。
これも硝子戸同様、埃をを被りながらも保存してあったものです。真ん中のスリットは勿論、閉める事ができます。もう木が磨り減ってキコキコ音がします。今は屋内に置いてありますから閉める必要はありません。その向こうに例の子猫の額程の(ですよ皆様!どうもボケ画像ゆえの想像と思われますが)坪庭が見えますでしょう。
でも、洋の東西ではその風情が変わったり同じだったり・・。
さてここで「トスカーナ オリーブの丘で暮らす」lunaegiottoさんの「窓を飾る」という記事と 大きく異なる点は、家の大きさでしょう。写しますのに苦労しました・・。
同じ建具でも あちらは老女優のごとく、こちらは老俳人のようだと思いませんか?
目を転じて傍にあってホッとするもの・・・・です。


a0075908_17291845.jpg
玄関番の蛙、アングル変えたものです。土器の中には備長炭に添えて、マーブルの5色のたまごもあります。5大陸の色です。どなたがいらっしゃっても歓迎の意味も込めて。

皆様もまたこのブログに帰っていらしてくださいませ。
今日でブログ開設1週間が経ちました。
お忙しいのに助っ人してくださる方、褒め育ててくださる方、たくさんコメントくださる方々・・・本当にありがとうございます!!
ひたすら感謝いたします・・・mity
[PR]
by frumity | 2006-06-28 17:29 | 時の流れ

もうひとり

a0075908_19233228.jpg

これは玄関番の蛙君。5cmほどの小さなもの。ひとかかえ程の土器にたっぷり盛ってある備長炭の上で待機。時々お香などを隣で焚きますが文句ひとつ言うでもなく、かえりが遅いと冷たい視線浴びせるでもなくイイヤツです。たまにおやつでもあげましょうか。

今日の頂き物。皆様お好きな「うさぎやのどら焼き」。
上野うさぎや・・以前はお店が木造でした。客側と煉切などお菓子の陳列ケースを挟んで 向こう側、木の床にお店の方はスリッパを履いていらして、パタパタと切れのよい音をさせて忙しく動き回っていらっしゃいました。陳列ケースも木枠で(現在もかしら)左側に腰高の木枠の窓があり、とても明るかったと覚えています。夏でもこざっぱりとなさった上品なおばあちゃまがいらして。私もこうなりたいとよく思ったものです。

携帯での接写は、これが限界ですね。早くデジカメからupしたいものです。でも大それたブログ開設しました身、目標は一日にひとつ覚える、つまり「一日一覚」(多分造語です。ありそうで無い‥どなたかご存知でしたらお教えください!)でしょうか。

mity
[PR]
by frumity | 2006-06-27 19:23 | 心から

梅雨の番人

a0075908_1617498.jpg

a0075908_1617434.jpg


今日も雨にご縁ありました。梅雨あってこそ穀類は育つとは解っておりましても‥ついつい。
皆様お洗濯物どう工夫していらっしゃいますか?

この蛙君、よく見掛けていらっしゃる方も多いでしょう。我が家に来て10年近くなります。所定位置はかわらず、ずっと家族のかえりを待ち続けている愛すべきヤツなのです。葉々の間を縫って・・思索にでも耽っているのでしょうか。哲学的な顔してます?

カエルはよく財布に入れたり玄関に置いたりしますよね。ここも玄関近くの坪庭(と呼んでいる)一応お白洲よろしく 白い小石が敷いてありますが、苔が付いたり経年変化(う~ん、よい言葉です)しています。彼の立ち位置は少し丘状にしてありますが、植物が生い茂りわかりません。
植物は葉物ばかり。残念ながら真夏でないと日差しが入らないのです。ですからこんなにも自然いっぱい・・になるなんて その時、誰が想像したでしょう。フッキ草は植木屋さんが植えていってしまったので(結構伸びるから遠慮したかったのですが、何処ぞの邸宅での残りと・・)シダとリュウのヒゲ、雪ノ下に大ッ好きな!ギボウシ。今現在はシダ(2箇所のみ移植したのですが)が大きく幅をきかせています。これも都内の酸素の為!!と自由にさせています。家の人からは手抜きといくら言われようとも。
あとボヤケタ画面ですが手前にヤツデ、これは実生です。見えない所に南天(実生)。その他、名前の判らないものも・・・・。そのボケ画面の左側、このガラス戸は戦後、宮大工もしていた職人さんの作った物で、旧い家を壊した時に保存してあったとの事。当然、波打ち硝子。でも風情が好いので立てかけてあります。窓枠も本当に好い色。
もうひとつ旧いもの。水鉢。父からの10年前でしたかしら、10年分纏めての誕生日プレゼントです。もうそろそろ約束期限切れるので ひっそりと次にねだる物を物色しましょうかしら・・。
[PR]
by frumity | 2006-06-26 17:17 | 時の流れ

紫色の硝子

a0075908_2314067.jpg

イタリア・トリノの街のとあるオフィスビルにて。
通りすがり、暗い建物入り口から目の端に飛込んできました。余りにも艶やかに、硝子が透き通った紫色で輝いていました。秋の午後の光を受けていたから尚更だったのでしょう。その一瞬を伝えられず残念です。
mity

暫くは・・・・携帯で撮り溜めたものをUPしたいと思います。
これから学習予定ですので 平にご容赦ください・・。
[PR]
by frumity | 2006-06-25 23:14 | 快適に

ようこそお越しくださいました!

a0075908_2149242.jpg

ごゆっくり寛いでください‥と言いましても何もありませんが‥‥さ、さ、どうぞどうぞ。今、冷たい緑茶を持って参ります。
我が家はもう20年以上になりますでしょうか1年中、夏を除いて常温で紅茶をワインボトルに作り置きます。その日の朝にだいたいがアールグレーでですが。(私専用のはFirenzeのS.M.N薬局のThe・Speziato家族はクセが有りすぎと飲みません)
忙しい時は、抹茶粉をボトルに入れて(初めに浄水器の水を少しか軟水系)シェーカーよろしく百回振りしつつ、二の腕~も飛んでいくよう願います。その後足し水して振袖チェック。いえ第一目的はおいしい緑茶ですよ。
息子の友人達が泊まった次の朝など食卓に紅茶の入ったボトル数本ドンと並べますと
「オマエん家、朝からワイン出すのか~ぁ?」
ここ数日何故忙しいか?お判りですね。そう身分不相応なブログ開設です。今回は携帯から写真付き試行錯誤。
大好きな場所。初試みに今回は免じてくださいませ。

ps.下記コメントを寄せてくださった、こちらの方のご教示?に従い「ブログわからないッ」と叫んでみましたら、超人気多忙の助っ人天使が光来くださいました。ひたすら感謝!!です。 ありがとうございました。 
mity
[PR]
by frumity | 2006-06-24 21:49 | 心から

寝不足お見舞い申し上げます。

日本の選手も応援していらした方々も 本当にお疲れ様でした!!
各人各箇所でそれなりに力を尽くしたと思います。文句を言うのは簡単かもしれませんが・・。

さて、トロトロヨタヨタとふらついてブログ、読んでくださって感謝!!!ありがとうございます。
NHK講座本も購入してきましたが、ただ一言「難しい」。
先のことはわかりませんが、諦めるには早すぎる。
始めてしまったのですから、可能なことは続ける事。
試行錯誤で少しずつ・・無理せず頑張りすぎずに続けます。
ネームカードには記してありますがUPできません。
当分手書きで HN mity
[PR]
by frumity | 2006-06-23 22:05

こんなに楽しいなんて・・

昨日今日といつも愛読しています方の所へコメントを入れに行きました。
皆様やさしく初心者に接してくださる。ありがとうございます!

タイトル「麦畑のむこう」には広い海と大きな空があると信じて・・。
ムギの穂を渡る風・・私の中では豊饒なイメージがあるのです。


さて皆様、日本戦に向けてパワーを蓄えていらっしゃることでしょう。
寝不足になられませんように・・ちょっと無理かしら。
[PR]
by frumity | 2006-06-22 23:54 | 快適に

はじめまして

皆様の質の好いブログを、ここ2年以上読者としてたっぷり楽しませていただきました。
お料理がプロ並み(失礼プロ)な方々、お針仕事の上手な方々、陶芸をこなす方々、
そして最も憧れの欧州な(?)方々・・・・皆様何かキラッと輝くものを持っていらっしゃる。

そんな方々の中でゆらゆら気持ちよく過ごせたら最高かしらとこのブログを始めました。
何を考えて今日始めたのかは 自らもわかりませんが、昨晩NHK教育でブログの話を。
しかも常時読んでいるexciteを例にひいての説明でした。
残念ながら、家の人にスポーツかサッカー番組のチャンネルへと奪われてしまい
途中まででしたので はっきりと解らないままこのブログを作ってしまったのです。
まだ写真はおろか文章だってこれでよろしいかどうか・・・・心配のみ。
正直PC関係で独立独歩したのは 生まれて初めて!です・・・。

どうぞこれから ヨチヨチとろとろの歩みですが、よろしくお願いをいたします。

梅雨のさなか、皆様お体をお大切に・・・・。 Frumity
[PR]
by frumity | 2006-06-21 14:58 | 心から