豊かに しなやかに日々を過ごせたら素敵です。                   
by frumity
カテゴリ
全体
自然に
心から
時の流れ
快適に
手から
紅茶
未分類
以前の記事
2013年 04月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...
ライフログ
その他のジャンル


<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

龜は・・・


a0075908_1825054.jpg


今日はめずらしく過ごし易い陽気の東京でした。まるで避暑地にいるようでした!

昨日の「浦島太郎」から連想で ガラスの亀さんです。
これは全体が 女性の手の親指の爪くらいに小さいと言うべきでしょうか。
それが何処かは覚えていませんがイタリアのどこかの街から連れて帰りました。
子供の頃 小さいガラス細工物をねだって よく夜店で買ってもらっていました。
バンビのとか・・。 いまだに持っています。

「亀鳴く」とは 
藤原為家の「川越のをちの田中の夕闇に何ぞときけば亀の鳴くなる」の句から
亀の季語としては春なのだそうです。鳴き声はキィキィですか?

「亀の歳を鶴がうらやむ」とは欲に限りがないことですって・・・・。

亀ってよく酒を呑むといわれることから(誰が最初に言ったのでしょうか?)
大酒のみ つまりのん兵衛の異称ですって・・・・。

私としては 「鶴は千年 亀は万年」が望ましいです。

ついでに申し述べれば 子供の頃は
王 貞治監督のコマーシャルでお馴染みの亀屋万年堂のナボナが好きでした。

王監督 その後はいかがでいらっしゃいますか?
あまりご無理なさいませんように・・ごゆっくりと休養なさってくださいね。
ご体調の回復を陰ながら願っております。
どなたか お伝えくださいませんか。
[PR]
by frumity | 2006-07-31 18:02 | 快適に

絵本

a0075908_1843484.jpg


安野 光雅氏の絵本が大好きです。
字のない「旅の絵本」シリーズには 観て想像して・・・・・
当時は次作が出版されるのをじりじりしながら待っていました。
数字やひらがなの不思議なだまし絵の世界や緻密な自然の世界 
彼の故郷 津和野の話や欧州の町村の記述
どの本を手に取っても どこまでも広がる空想の・・
でも現実にもありえそうな魔法の世界を堪能できます。

a0075908_1843460.jpg
これは2000年に出版されました本。
表紙です。
安野氏の絵本は
未来を担う子供への贈り物もありますが
大人へのメッセージが
多分に含まれています。
これも そのひとつ。
皆様に是非お勧めいたしたいのです。

いつもの事ながら まず絵が綺麗!
透明感があふれています。
次にウィットに富んでいます。

ご本人がそれを愉しみながら 書いたり描いたりしておられますのが伝わってきます。
「おとぎの国の郵便切手」は小さい本で持ち歩けますよ。
これを開く時は ほんのひと時 おとぎの国に滞在できます。

あとがきにも書かれていますが 今の世間の状況をさらっと風刺されていたり・・。
はじめには
・・むかしむかし、ある国の大臣が、
「この国でも、ぜひ郵便というものをはじめませんか。・・・・・・・」と
王様にもうしあげました。・・・・・・・・と そして国が小さいため、
まだ修行中のペンタという絵描きしかおらず
いろいろな条件をつけて切手のデザインをさせるという話。
PCなどで遊ばなかった私達の子供時代に必ずや一度は読んだ物語・・と
一致するものばかりです。さあ どれがどれかしら・・・。
24以上の切手のデザインがペンタ(安野氏)によってされています。
本当に夢があり綺麗な切手ばかりで・・・ 
この日本の国で発行して欲しいと思いつめています!
a0075908_1843449.jpg

これ 「キン・ジロー」という題名で。
分かりますでしょ?









a0075908_1843457.jpg

これは 「赤リボン」
赤いちゃんちゃんこを着て
ふろしき包みを持っています。
おおかみも見えますね。







a0075908_1843463.jpg
どこの神父様かしら?
バチカン?
いえいえ 「リョーカン」ですって。









a0075908_1843456.jpg

全て見開き左のページには
このように 切手のデザイン画が
1シートずつという設定で描かれています。
そして これは
「西洋・浦島太郎」という題。






a0075908_1843474.jpg

これは
「ゴールデン ボーイ」
クマを楽々と片手で持ち上げています。

和の話は洋に
またその逆もしかり。







お楽しみいただけましたか?お話もとても愉快になるものばかりです。
絵も文章も 清涼感と温かさとに満ち溢れています。
[PR]
by frumity | 2006-07-30 18:04 | 快適に

いぬ

a0075908_1735964.jpg

我が家の大事なワンコ 柴犬です。
これは 1歳のある日 おやつに「待て」と声を掛けられています。
じっと我慢の右手(足?)がズリッズリッズリッ・・と伸びてきています。
それにしても 凄い集中力!!!              

蒸し暑い毎日 本人(犬)も二重毛でさぞ大変だろうと思います。
その上 時折 私の愚痴聞き役になってくれて ありがとう!!そして ご苦労様!
[PR]
by frumity | 2006-07-29 17:03 | 心から

明日は晴れかな 曇りかなぁ・・・・

a0075908_2319578.jpg


東京オペラシティ・・下記UP・・文化財団の芸術監督(1995─1996)でもあられた
世界的作曲家・武満徹(たけみつ とおる 1930─1996)氏は
ご健在中には コンサートホール アートギャラリーの完成を
ついぞ見られなかったそうです。
今年はそれから10年・・・・。

武満 徹氏の作品に 「明日ハ晴カナ曇カナ」という曲があります。
いかにも 照れ屋さんで いたずら心をお持ちだったことが伺えますメロディとネーミング。

天候不順な蒸し暑い・・そして 明日のお天気が気になる毎日です。
御体にも 疲労が溜まっていらっしゃることでしょう。
今日はこちらで 少し休んでいらしてください。
ご自愛のほど・・・。
[PR]
by frumity | 2006-07-28 23:19 | 快適に

タケミツメモリアル

a0075908_23433850.jpg

今宵は B・C・J(バッハ・コレギウム・ジャパン)の第73回定期演奏会でした。
数年前から年間会員になっており 毎回とても質の高い音楽を堪能しています。
”J・Sバッハ 教会カンタータ全曲シリーズ Vol46
 ライプツィヒ時代1725年のカンタータ”
本日はカウンターテナーのロビン・ブレイス氏の活躍場面がたくさんありました。
バスのペーター・コーイ氏は堂々と 野々下由香里氏は可憐なソプラノで感服。
ヨハネス・クリューザー氏に替わってのテナー櫻田亮氏もご苦労様でした。
器楽のひとりひとりの技量も非常に高く 皆様ソリストとしてもあちらこちらでご活躍です。
いつもながら持てる力を存分に引き出される鈴木 雅明氏の指揮のもと
本当にお疲れ様でした。 鈴木秀美氏も魅力的です。

a0075908_23433885.jpg
東京オペラシティの
作曲家 武満 徹氏のメモリアルホールです。
これは演奏会の時では ないのですが
客席から見上げればこんな感じ。




a0075908_23433939.jpg




さて帰宅しましたら これがありました。
この包みで お分かりの方は 
やはりこれがお好きなかたですね。





a0075908_23433969.jpg

そうです。
上野うさぎやの どら焼きです。
カワがふっくらのあのどら焼きです。
半分の断面も画像にと試しましたが
ふっくら感が出せません。
携帯撮影ですし・・なぁんて
僻んでいるのではありません。
どなたか
綺麗にUPしてくださらないかしら・・。


そして この皿は 夫の十数年前の作品。 一時期 趣味で陶芸を。
皿面は木櫛で引っ掻いてあります。
格好つけたのでしょうね・・よく粘土遊びの時もしましたよね。
出来上がった当時は 自己満足して持ち帰りました。

a0075908_23433992.jpg


でも・・・・・・でも・・とても洗いにくいのです。
お分かりになりますよね?
ですから当時 また呟いていました。「使えるものを作ってよね!」って。
[PR]
by frumity | 2006-07-27 23:43 | 快適に

おまけ

昨日 小学生時代の息子達の手作りをUPいたしましたところ
私が 子供の作品を大事に使っている とても美しい?母親としてお褒め頂きました。
大切に保存し使用しているのは事実ですが ほんの数点です。

先日 人間性に関するバトンを受け取り
嫌いな人間像に 誠実でなく嘘を重ねる人と答えました。
全く本当です。答えにひとかけらの嘘もありません。
今回 善き美しき母像として逃げ切ることも考えましたが
これは積極的でないにせよ 嘘をつき続ける事になると判断し ここに申告いたします。

これらは やはり息子達の陶芸作品?です。
今はもう ベランダの端 庭の隅にて雨ざらしになっています。

a0075908_15345126.jpg

このお地蔵様は何でしょうか?長男作です。
もってりとした衣装を身につけ 途中で二分されて物入れになっています。
首の部分でなかったのが せめてもの・・・何でしょう?
一体何に使うのでしょうか?
当時の本人は 確かワインボトル入れと言っていたように記憶しています。
なぜ ワインボトルをこれに入れなければならないのでしょうか??
謎であります。

a0075908_15345186.jpg

こちら次男作は もっと謎です。
お猿さんがバナナを食べているらしいのですが やはり物入れです。
画像では判らないのですが 腰の箇所で二分されています。
なぜお猿さんなのでしょうか?
まさかバナナ入れではないでしょう。
どういう風に使えばよいのでしょうか??

哀れにも感じているのですが 家の中には置き場所が見つけられないのです。
お地蔵様 お猿さん そして可愛かった息子たちにも ごめんなさい・・・。
この頃 盛んに焼き物をしていた彼らに 私は言ったそうです。
「使える物を作ってね!」と。後に明かされたことです。
[PR]
by frumity | 2006-07-26 15:34 | 手から

食卓で

ぶ厚い これらの焼き物。
やはり息子たちの手から・・のものです。
a0075908_21553132.jpg

何のつもりだったのでしょうね 「水を入れても漏らないよ」と次男が持ち帰りました。
据わりはいいのですが 水物いれて洗っても なかなか乾きません。
a0075908_21561476.jpg
それで
このように食卓に置いて
普段の家族用にナプキン入れに。
どっしりと動きません。

そしてこのナプキンが優れもの。
サッカー地で 乾きもいいし
水の吸いもよろしく
何しろ 洗濯後のアイロン掛けが不要!
各色3枚ずつ揃えてあります。
毎日 ザブザブ洗えて楽ちん・・・!
もう洗って洗って 柔らかくなっています。
使い心地もとてもいいのです。

a0075908_2156155.jpg

長男が やはり小学校4年生の時の作品。
渋いですよねぇ。ランドセルから出した時に思わず唸ってしまいました。
使い勝手は とても好いのです。何を盛っても 似合うのです。
大福でも 漬物でも 煮物でも 何でも・・・。

a0075908_21561570.jpg

今日は・・・・
夏みかん?
いえいえ 夏みかんのお菓子 
おみやげの日向夏ようかん
「黄娘」ですって。
日向夏みかんの皮を製菓
その中に
果汁のようかんが詰められています。

発色がよくありませんが
以下のようです。

味はご想像通り 皮の苦味に 甘ったるくないようかん。美味しいです。
果物はあまり冷やして食さない方が よろしいのですが
これは 夏季には冷やした方が お奨めです。
a0075908_21561537.jpg

おひとつ いかがでしょうか?
[PR]
by frumity | 2006-07-25 21:55 | 手から

小さな手から

a0075908_21295832.jpg


息子たちがたまたま出会った陶芸家。
普段は作家として 時折大人にのみに
教えていらっしゃるとのこと。
年長の友達も連れて 遠出の散策途中
垣根から伸びだした枝に実っている
ラズべリーを摘んでしまった時
垣内に人影がありました。
そこの庭で「ごめんなさい」の次の瞬間
小1の長男の目に粘土と釜が。
あっという間に小屋に駆け込み
鼻唄まじりに落ちている土の塊を
拾い集めはじめました。

「坊や~よいこだぁネンネしなぁ~」と
器の縁は 「竜」との事です。

a0075908_2130783.jpg
あたふたする私を尻目に
連れていた友達も
粘土をちぎってこねはじめました。
それに続く幼稚園児の次男。
お優しい女性作家は
「いいですよ~」・・・・と苦笑い。
「今週、釜に火を入れますから
記念にその端の隙間で焼きましょう」
馴染みのない町でしたから
息子たち3人を その方の
お邪魔にならないように目をくばりながら
お言葉にあまえました。 
後日 お礼かたがた
あらためて取りに伺いました。


次男のは「タコ」素焼きの段階で頭が重くて垂れてしまったのを 直してくださったとの事。
その節は 本当にお邪魔いたしました。ありがとうございました。
お陰さまにて 小さな手指の痕跡を このような形として残す事が出来ました。
本人たちは忘れていても ふたつとも居間のCDラックの上に置いてあります。

a0075908_213074.jpg


左が長男 右が次男 幼い頃の。その父親が作りました。
今でも 日常使用の 彼らの箸置きです。
さすが 息子の友人が来宅の折には使いませんが。
当時 夫は やはり趣味で 焼き物グループに所属していました。
[PR]
by frumity | 2006-07-24 21:29 | 手から

Lawrence of Arabia

a0075908_2217931.jpg

一昨日 TV で「アラビアのローレンス」を放映していました。
これは映像的に とても優れた作品と思います。

砂漠と空とを その地平線で画面を二分。大胆なるそして微妙なバランス!!!
今さらながら ディビット・リーン監督のこの英断に
ここでこうして 今でも観る事のできます幸運に感謝いたします。
英国人 T・E・Laurence の野望があったにせよ
属国としての生き方よりも 独立を説いた勇気にも感動させられます。 

a0075908_2217105.jpg

現代でも この地域は
民族間の争いの絶えない所。
時折りしも イスラエル軍が
レバノン侵攻と伝えられたばかりです。
宗教上 信仰上 と
争点は論えばきりがありません。
本当に悲しい事です。

多分 いえ相当量の人々が
個人的には戦争は絶対反対の筈です。

ひとりずつが理解しあえても 群集となると たてまえが優先されるのでしょうか。

a0075908_2217927.jpg

どうでしょうか? これで水平線と明ける前の空と ご想像願えませんでしょうか?

a0075908_2217962.jpg

これは ピーター・オトゥールの目が この梟に似ていると言っているのでは・・・・
いえ 少し似ていると思っています。世俗を離れた感じも。

P・オトゥールといえば この「おしゃれ泥棒」
ここでも実におしゃれなオードリー・ヘップバーン!
騙したつもり・・騙されたつもり・・のふたりのやりとりも 忘れがたいですね。
何度 これらのオードリーを真似たかしれません。

a0075908_2217972.jpg

以上は もう すっかりと絶滅したかのように思われますLD。
我が家には LDで売り出された全オードリーの他にも 多少あります。
CDに取って代わりましたレコードが 復活しているようですが
LDがDVDを再度押し分けて出てくるとは 考えにくいですね。

a0075908_2217967.jpg

今年はW・A・Mozart年。 
これは天才モーツァルトを人間モーツァルトに変えたと言われていますもの。

a0075908_2217982.jpg

クリスマス間近になりますと ディケンズ原作のこれを 
清貧の戒めとして また感謝することの大切さをと
毎年幼いころから何年位でしょうか息子たちにみせていました・・。
彼らにとっては単なる映像でしかなかったかも・・少々迷惑だったとか・・。
近年になりましても 必ず思い出して観ております・・勿論 私ひとりで。

さて「アラビアのローレンス」といえば 
私は何回も何回も ローレンスと共にネブド砂漠を越えていますが
夫は未だかつて 越えられません。途中でどうしても眠くなるそうです・・。
         
        *****   *****   *****

この時代にありましても 
どんな状況にありましても 
そして もし戦渦でありましても 
総ての人々の心が
砂漠の真ん中に置き去りにされませんようにと 強く願います。
祈り続けることしかできませんが・・・・。
[PR]
by frumity | 2006-07-23 22:17 | 心から

ガラスもの

a0075908_18381884.jpg
あちらこちらで 
ガラスものが人気の季節です。
見ていても 手に取っても 
やっぱり夏を感じます。

こちらは ある作家氏のもの。
さび紺に手彫りです。
冷たいものを キュっといく方には
手なじみもよろしいようです。


a0075908_18381814.jpg
こちらは 母の使っていましたもの。
何処かの 工房で 
きっと町工場で作られたものと思います。
ぶどう色で 色むらあり 彫りむらあり 
しかもガラス自体がゆがんでいます。
これでよく
麦茶やサイダーを飲んでいましたっけ。





a0075908_1838181.jpg

こちらのふたつは 現代のもの。
やっぱり揃った彫り 色 型も整っています。
鮮明な画像でないのが 頂戴ものですのに申し訳なし。
a0075908_1838185.jpg

ガラスの器は こちらのケースに専門に収めています。
窓の方から光が入りますと 本来のキラキラ・・がありますように
時々 使わなくても洗わなければいけません・・。サボってはなりません・・・・。
a0075908_18381894.jpg


*今回も文中リンクを試みようといたしましたが もう少し先送りいたします。
  いつかは きっときっと 出来ますでしょう・・・^^。

そして こちらの方々が ガラス作家展でとても楽しまれたようです。
「たのしいな・うれしいな」さん「Azumi's Dairy」さん
「心安らぐ暮らし・・」さん「matoiの「アララ・・」」さん  
近頃知り得た情報から。



” お気をつけて”
今 鹿児島に出張中の者より電話で その途轍もない豪雨ぶりをききました。
被害が甚大にならないようにと 祈るばかりです。
[PR]
by frumity | 2006-07-22 18:38 | 快適に