豊かに しなやかに日々を過ごせたら素敵です。                   
by frumity
カテゴリ
全体
自然に
心から
時の流れ
快適に
手から
紅茶
未分類
以前の記事
2013年 04月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...
ライフログ
その他のジャンル


<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雲の上

a0075908_15154167.jpg


        地上とは また別の色合い・・ 感情をおし秘めた色・・。
        刻一刻と変化していく宙の空間 地上では夕餉の支度でしょう。

追記~♪
[PR]
by frumity | 2007-04-26 15:15 | 自然に

端午

a0075908_21525595.jpg


         卯月も下旬・・
         端午の節句のたよりも 届くようになりました。
         当日は我が家でも菖蒲と蓬を軒に挿します。
         草のつよい香りがします。
         葉で手を傷めないように注意しながら
         外回りのことに いつも使う麻糸で留めつけます。
         昔ながらの 日本家屋でしたら上手に挟み込めるのでしょうが・・。
         邪気を祓うための慣わしですから 必ず行います。
         健やかに 大きくと願う切なる気持ちの証が 
         さまざまな様子となって表れているのでしょう。
         勿論 粽や つぶ餡・こし餡・みそ餡の柏餅もおいしく頂きます。



         
         
         

+広辞苑から+
[PR]
by frumity | 2007-04-22 22:31 | 時の流れ

雨の寒い日でしたが・・

a0075908_2327394.jpg

         代官山のASOの中は 暖かく・・ とても明るい室内でした。         

         さよりのマリネ パッションフルーツ風味のサラダ添え
a0075908_2328434.jpg

         左上の丸いのは氷です。 さっぱりと綺麗な一皿でした。

                楽しい会話とともに頂くランチは 
          食欲が無かった体に たっぷりしっかり染み込みました。
                おかげさまで 元気になりました。

         Komiさん Yokoさん そしてAzumiさん Matoiさん Mariaさん
             お付き合いくださり 本当にありがとうございました。

More
[PR]
by frumity | 2007-04-21 00:26

寒のもどり過ぎ・・

a0075908_22411551.jpg

          春の心地よい暖かさから・・・・ 急降下ですもの・・。 
            少し寒すぎません?これではカゼひきさんも。。。 
                   私もそう。。。咽喉が痛い~~。。
              皆様も どうぞお体に ご留意くださいませ。

More
[PR]
by frumity | 2007-04-17 22:56

春の夕暮れ

a0075908_20331021.jpg


   春は 同じ夕暮れでも あまい色をしていると思いませんか?
[PR]
by frumity | 2007-04-11 20:34 | 自然に

さぁ 出帆・・

a0075908_21594234.jpg


          新しい道 歩きなれた道 漠然と歩き始めた道
          緊張だけの道 懐かしい道・・・
          
          それぞれの進路が 穏やかでありますように 
          もしもの嵐からも 何かを学べますように
          たまには 帆を休めてゆっくり寛げますように
                    
          願わくば 良い航路であられますように・・・・。



                    
[PR]
by frumity | 2007-04-08 23:58 | 心から

学年で・・

a0075908_13143648.jpg


          月齢が早いほうの夫は 今日が誕生日。
          久々に・・・・ 皆で夕食に 集う予定です。
          
a0075908_1326632.jpg

          台座の部分がスクウェアカットされています。
          そしてそのひとつの面に イニシアルを入れていただきました。 
          どっしりと重い・・Moser(since1857)ガラス装飾工房のものです。
          内側は・・中味が とるん~とる~ん~と心地よく揺れそうな丸みです。


          
                                  

そして昨年は
[PR]
by frumity | 2007-04-07 14:13 | 心から

太宰府

a0075908_20341657.jpg

                     太宰府の春です。 
         あちらに見える傾斜のある屋根は 九州国立博物館の玄関です。

         菅原道真公は 歌人であり 筆の達人でもあられたとのこと。
         筆塚 たくさんの仕事をした筆の供養がされています。
         墨の匂いと 筆から伝わる感触は 大好きです。         
a0075908_2035570.jpg

         包丁塚 毎日じょうずに使っているかしら・・。自問自答・・。
a0075908_20355599.jpg

         足元を見れば 梅の枝の影に 天神様の印の梅・・。
         梅干の種を割って中の身を 記憶違いでなければ 
         「天神様」と呼んでいたように思います。
         そしてそれを食べると 字の上達を望めないとか言いませんでした?
a0075908_20363164.jpg

      ・・東風ふかば 想いおこせよ 梅のはな あるじなしとて 春な忘れそ・・
a0075908_2037437.jpg

      ・・このたびは 幣も取りあえず手向け山 紅葉の錦 神のまにまに・・
         歌人 藤原定家公が小倉山のふもとにあった山荘時雨亭で
         選歌とされたといわれる 小倉百人一首のなかの菅原道真作です。
         その百人一首かるた競技会は 毎年初に天満宮で開催とのこと。

a0075908_2285626.jpg

         観世音寺の鐘 国宝です。この響きを道真公も耳にしたでありましょう。

そして この時に・・追記
[PR]
by frumity | 2007-04-02 22:23